第59回ゲーム理論セミナー(9月15日)

以下のとおり第59回(本年度第3回)ゲーム理論セミナーを開催いたしますので,ご案内申し上げます.

今回は土曜日ではなく,金曜日に開催します.また,二人の方に発表をお願いしております.

日時: 2006年9月15日(金) 14:30~17:45

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館7階707号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください。西9号館は大岡山西地区にあります。707号室はエレベーターを7階で降り右手奥です。

1)14:30-16:00

報告者:Ake BRANNSTROM (Evolution and Ecology Program, International Institute for Applied Systems Analysis)

Title: The evolutionary origin of cooperation and cheating.

Abstract: Cooperation is ubiquitous in nature, and cooperative integration of lower level units into higher level entities has been instrumental for the development of life of earth. While cooperation in the wide sense means only joint action, the term is often used more restrictively to describe situations where cooperators increase the fitness of others at a cost to themselves. These forms of cooperation are often open to exploitation by cheaters who reap benefits from the cooperative investments of others, without contributing anything themselves. While game theoretical models such as the Prisoner's Dilemma can be used to study the establishment of cooperation in the presence of defectors (cheaters), they do not explain the origin of these two distinct phenotypes. In this talk I survey recent developments that are based on using the related Snow Drift game to understand the evolutionary origin of cooperation and cheating.

2)16:15-17:45

報告者:Ulf Dieckmann (Evolution and Ecology Program, International Institute for Applied Systems Analysis)

Title: The joint evolution of altruism and mobility

Le Galliard J (1), Ferriere R (1,2) & Dieckmann U (3)

1 Fonctionnement et evolution des systemes ecologiques, CNRS UMR 7625, Ecole Normale Superieure, 75005 Paris, France
2 Department of Ecology and Evolutionary Biology, University of Arizona, Tucson AZ 85721, USA
3 Evolution and Ecology Program, International Institute for Applied Systems Analysis, Schlossplatz 1, A-2361 Laxenburg, Austria

Cooperation involves "staying and helping", two individual attributes that vary considerably among organisms. Investigating the ultimate causes of such variation, we integrated previously separate lines of research by analyzing the joint evolution of altruism and mobility. We unfold the network of selective pressures and derive how these depend on physiological costs, eco-evolutionary feedbacks, and a complex interaction between the evolving traits. Our analysis highlights habitat saturation, both around individuals (local aggregation) and around unoccupied space (local contention), as the key mediator of altruism and mobility evolution. Once altruism and mobility are allowed to evolve jointly, three general insights emerge. First, the cost of mobility affects the origin of altruism, determining whether and how quickly selfishness is overcome. Second, the cost of altruism determines which of two qualitatively different routes to cooperation are taken: an evolutionary reduction of mobility, resulting in higher habitat saturation, is either preceded or followed by the adaptive rise of altruism. Third, contrary to conventional expectations, our analysis shows that variation in constraints on mobility or in other life-history traits can lead to a positive correlation between evolutionarily stable levels of altruism and mobility.

Le Galliard J, Ferriere R & Dieckmann U (2003). The adaptive dynamics of altruism in spatially heterogeneous populations. Evolution 57: 1-17.
www.iiasa.ac.at/~dieckman/reprints/LeGalliardEtal2003.pdf

Le Galliard J, Ferriere R & Dieckmann U (2005). Adaptive evolution of social traits: Origin, trajectories, and correlations of altruism and mobility. American Naturalist 165: 206-224.
www.iiasa.ac.at/~dieckman/reprints/LeGalliardEtal2005.pdf

問い合わせ先: 
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp
武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net

第7回テキスト研究会 (9月4日)

日時: 2006年9月4日(月) 18:00-19:30

場所: 西9号館7階 715会議室

報告者: 富岡 美帆 (VALDES)

タイトル: 映画レビューテキストの意味分析からみた感情の認知的構成

概要:
 映画体験の言語表現としての第一次的近似物である、映画レビューを分析することで、言語表現とその背景にある複雑な感情の心的構造との間を体系的に分析することが可能である。レビュー・テキストを分析する単位としては命題を用い、意味分析によってレビュー・テキスト内容の分類をおこなった。その結果として、分類カテゴリシステムという、精細な言語分析ツールが得られ、人々が芸術の鑑賞体験を記述するときに用いる言語的表現を明らかにすることができた。さらに、これを基に芸術に関わる感情表現の体系化をおこなった。
 本発表では、主にレビューテキストの意味分析からその結果を分類カテゴリで表現する手法を紹介する。

*お気軽にご参加下さい。会についてご質問があれば、畑中(hatter@valdes)まで。

★★10月25日 秋の専攻説明会の開催★★

2008年度入学希望者向けに,専攻説明会を開催します。

10月25日(水)12時30分より西9号館2階コラボレーションルームにて。当日は研究室ごとの説明会であるOpen Roomも開催されます。詳しくは、入試情報のページをご覧ください。

助手公募

本専攻では,助手を公募いたします。

公募書類をダウンロード(MSワードファイル


----------------------------------

                          平成18年8月22日
関係大学長
関係大学学部(学科)長
関係大学大学院研究科長
関係研究所長 殿

                   東京工業大学大学院社会理工学研究科
                           価値システム専攻長
                               大和 毅彦

                      決定過程論講座助手選考委員会
                                 委員長
                               木嶋 恭一

            教員の公募について(依頼)

 時下ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび本学では大学院社会理工学研究科価値システム専攻の教員を
採用することになりました。本専攻は、「価値と意思決定」をキーワードに、
文系・理系にまたがる幅広い教育・研究を行っています。下記の要項をお含み
のうえ御応募くださるよう、関係各方面に周知方よろしくお取り計らいいただ
きたくお願い申し上げます。


                 記

1. 職名      助手(決定過程論講座)

2. 担当科目等   価値と意思決定への広い意味での数理的アプローチに
         関する演習を担当可能で、専攻必修科目や専攻運営業務
         の補佐として貢献できる方   

3. 専門分野    上記の担当が可能であればとくに専門分野は問いませ
         んが、自己の専門分野で国際レベルの高い業績を上げる
         ことが期待されます。

4. 採用人員    1名

5. 資格      大学院修士課程修了以上又はこれと同等の学識を有す
         る方

6. 着任予定時期  平成18年度の出来るだけ早い時期

7. 書類提出期限  平成18年10月16日(消印有効)

8. 提出書類   (1)履歴書
        (2)研究業績のリスト
        (3)公刊論文・著書のうち主要なもの3点以内(各1
          部、コピーでも可)
        (4)研究概要(これまでの研究内容と、その「価値と 
          意思決定」との関連について説明したものを2000
          字程度にまとめ、A4版用紙2枚に楷書またはワー
          プロで書いたもの)
        (5)専攻における教育に対する貢献に関する抱負 
         (1000字程度にまとめ、A4版用紙に楷書またはワ
          ープロで書いたもの)
        (注)選考開始後、必要に応じて、上記以外の研究業績
         の別刷、面接を依頼することがあります。

9. 応募先    〒152-8552 東京都目黒区大岡山2−12−1 
         東京工業大学大学院社会理工学研究科
         価値システム専攻W9-39
         決定過程論講座助手選考委員長 木嶋恭一 宛
         (注)封筒に「決定過程論講座助手応募書類在中」と朱
         書し、書留で送付してください。

10. その他   (1)着任後、研究業績を挙げ、(特に、学位未取得者
         は速やかに学位取得の上)、3年をめどに他にポス
         トを得られるよう期待します。
        (2)価値システム専攻(略称:VALDES)は、文理融
         合的アプローチにより、「価値と意思決定」に関す
         る教育・研究を行う専攻です。本専攻について詳し
         く知りたい方は、専攻ホームページ
         (http://www.valdes.titech.ac.jp/index.php)
         もご参照下さい。    
        (3)提出された書類等は原則として返却しないので、
         返却を希望する方はその旨を注記し、返却用の封筒
         (返却先の住所、氏名を明記し、必要な金額切手を
         添付したもの)を同封してください。
        (4)本件について不明の点があれば、必ず書面で(封
         筒の表に「決定過程論講座助手選考問い合わせ」と
         朱書き)、上記提出先と同じ宛先に問い合わせて下
         さい。

停電とサーバ停止(8月4日~8月7日)

 定例の設備点検による停電とサーバのメンテナンスのため、8月4日(金)17時~8月7日(月)9時の間、VALDESのサーバを停止いたします。ご了承下さい。