第61回ゲーム理論セミナー(11月11日)

 以下のとおり第61回(本年度第5回)ゲーム理論セミナーを開催いたしますので,ご案内申し上げます.今回は二人の方に発表をお願いしております.

日時: 2006年11月11日(土) 14:30~17:45

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館7階707号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください。西9号館は大岡山西地区にあります。707号室はエレベーターを7階で降り右手奥です。

1)14:30-16:00

報告者:坂井豊貴氏(横浜国立大学大学院国際社会科学研究科)

タイトル:General equivalence to the uniform rule through strategic manipulation (with Olivier Bochet)

概要:In the division problem with single-peaked preferences, it is well known that the uniform rule is quite robust to strategic manipulation. Indeed, it is not only strategy-proof, but also coalitionally strategy-proof. Therefore, when the uniform allocation rule is used to solve the problem, the uniform allocation is obtained as a consequence of no strategic manipulation. We show that, even when any other allocation rule is used, whenever the rule satisfies a set of mild conditions, the uniform allocation is obtained as a consequence of strategic manipulation.

2)16:15-17:45

報告者:和光純氏(学習院大学経済学部)

タイトル:On non-existence of a wdom-vNM set in the Shapley-Scarf housing economy (with Kiiko Matsumoto and Toshiharu Irisawa)

概要:We consider the exchange economy E of Shapley and Scarf (1974). Economy E consists of a finite number of agents, each endowed with one differentiated object like a house. They exchange objects to obtain preferable ones without any monetary transfers. In this economy, each agent needs exactly one object, and his preferences over the objects may contain indifferences.

In economy E, the strict core becomes the unique von-Neumann-Morgenstern set defined by weak domination (wdom-vNM set) when the strict core is nonempty. It is also known that a vNM set by strong domination does not necessarily exist in economy E. However, it was unknown whether a wdom-vNM set always exists or not especially when the strict core is empty.

We show an example in which each feasible allocation is individually rational (IR), and a wdom-vNM set does not exist. By using 30 computers, we checked that any economy E consisting of at most four agents has a wdom-vNM set, and that as soon as the number of agents exceeds four, the economy has instances without a wdom-vNM set. The non-existence of wdom-vNM sets is observed in 0.002% of all the 4.63E+13 possible instances of the five-agent economy E. Our computation also found an example with a unique wdom-vNM set that consists of only non-IR allocations. Some nice properties of wdom-vNM sets enabled us to find these examples in a much shorter time than doing a full check.

We also give a sufficient condition for a wdom-vNM set to exist in economy E with n agents. We say that an agent has (1,0,-1)-preferences if his preference relation can be represented by a utility function that values his endowment at 0, and any other agent’s object at 1 or -1. When each agent has (1,0,-1)-preferences, any given efficient IR allocation and its Pareto-indifferent allocations comprise a wdom-vNM set of the economy.

問い合わせ先: 
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp
武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
       Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net

「賢者の贈り物」の分析~標準形ゲーム理論と社会ネットワーク理論の融合~(11月1日)

講師: 猪原 健弘 (VALDES)

タイトル: 「賢者の贈り物」の分析~標準形ゲーム理論と社会ネットワーク理論の融合~

会場: 大岡山キャンパス 西9号館6階  607

日時: 2006年11月1日(水) 17:00 ~ 18:00

概要: 
 O. Henry 作の、この有名なクリスマス・ストーリー(http://www.hyuki.com/trans/magi.html)を分析します。なぜ登場人物の2人は互いに相手へのクリスマス・プレゼントを買ったのか。そしてなぜ、作者 O. Henry はこの2人を「賢者」とたたえているのか。標準形ゲーム理論だけでは上手く答えられなかったこれらの問いに、標準形ゲーム理論と社会ネットワーク理論を融合した枠組みを用いて、答えを与えます。

 英語のバージョン(THE GIFT OF THE MAGI, O. Henry, http://www.auburn.edu/~vestmon/Gift_of_the_Magi.html)や、東工大クロニクルの記事http://www.titech.ac.jp/publications/j/chronicle/403/403-7.htmlも参照してください。

夏の認知科学諸学会報告(10月6日)

 出席予約などは不要ですので,ご自由においでください.

日時: 2006年10月6日(金)17:00-18:00

場所: 911ゼミ室

題目: 夏の認知科学諸学会報告

講演者: 村井源・松本斉子・Terry Joyce・富岡美帆・徃住彰文 (東京工業大学)

要旨: CogSci2006(Vancouver), iwLCC2006(Vancouver), 日本認知心理学会(中京大),日本認知科学会(中京大)に参加 して研究発表をしてきました.それぞれ自分の発表について,また他の興味深かった発表について報告します.

後期講義のシラバス更新

 後期の講義のシラバスを更新しました。「近代日本文化の比較研究」、「世界文明2006A~C」、「THE ART OF NEGOTIATING」が新たに加わりましたので、ご覧下さい。

価値システム専攻 講義(2006年度後期)

「暴力的な現在」をめぐって(10月11日)

講師: 井口時男 (VALDES)

タイトル: 「暴力的な現在」をめぐって

会場: 大岡山キャンパス 西9号館2階  コラボレーション・ルーム

日時: 2006年10月11日(水) 17:00 ~ 18:00

司会: 上田紀行 (VALDES)

 VALDESフォーラム後期のトップバッターは、9月に新著『暴力的な現在』(作品社)を出版した井口時男教授の登場です。
 現代日本文学における「暴力」のモチーフの突出は、いかに現実の暴力とリンクしているのか。なぜ現代は暴力の時代と化しているのか。
 「いま、文芸誌は“若者向け商品”たらんとしてあわただしい模様替えを図っている。そうした中で、サブカルチャー的なものが全面に押し出されつつあるのは当然として、もう一つ、暴力的な主題が目につく。男たちの描く暴力は攻撃的で、“通り魔”的で記号的で、女たちの描く暴力は性を介して受苦的で自己解体的で・・・という違いはあれ、久しく主題を喪失していた小説は、やっと暴力という主題を手に入れてにわかに華やぎ活気づいているかに見える。」(『暴力的な現在』より)
 そう述べる井口氏は、村上春樹、村上龍から中上健次、大江健三郎、永山則夫まで、日本文学における「暴力」を遡り、さらに舞城王太郎、阿部和重など若手作家の作品群に顕れる現代社会の闇を活写することで、日本社会における暴力の根源と変遷を、文学の世界から、ビビッドに描き出そうとしています。
 暴力の氾濫という現実から、日本文学は、そして日本社会はどこへと歩もうとしているのか。まさに現在進行形の言説の中で、「暴力的な現在」から来るべき未来像まで語っていただきます。(上田記)