准教授公募(追記)

本専攻では,准教授を公募いたします.

公募書類(追記あり)をダウンロード(pdfファイル)

[注意]本公募については, 科学技術振興機構(JST)の研究者人材データベース(JREC-IN) にも概要が掲載されておりますが, 科学技術振興機構のミスにより,ある時期の間,本公募にかかるポストの勤務形態が「常勤(任期あり)」と,誤って表示されておりました.このポストは下記の掲示にありますように, 「常勤(任期なし)」が正しい勤務形態です.誤った表示による誤解を避けるために,公募通知の第5項として,「勤務形態 常勤(任期なし)」を,8月28日に追記いたしました.


---
2007(平成19)年7月5日
2007(平成19)年8月28日 「5. 勤務形態」を追記

                        東京工業大学大学院社会理工学研究科
                        価値システム専攻長
                        価値論理講座価値表象分野准教授選考
                        委員会委員長
                        徃住彰文

価値システム専攻(価値論理講座)准教授の公募について

                 記

1. 職名
 准教授(価値論理講座価値表象分野)

2. 採用人員
 1名

3. 専門分野等
 価値システム専攻は,「価値と意思決定」をキーワードに,文系・理系にまたがる幅広い教育研究をおこなっています.特に,統計学的手法を用いて学際的な研究を展開している人材を募集します.なお,大学院の授業では,応募者自身の専門分野に関わる科目を担当していただき,学部の授業では,価値システム専攻が担当する全学科目のうち,広い意味での「統計学」に関わる科目を担当していただく予定です.

4. 応募資格
 博士の学位を有している方.国籍を問いません.日本語で授業が出来る方.

5. 勤務形態
 常勤(任期なし)

6. 着任予定
 2008(平成20)年4月以降,できるだけ早い時期.

7. 応募期限
 2007(平成19)年9月30日(当日消印有効)

8. 応募書類
 (1) 履歴書(市販のもの.高卒以上の学歴,職歴を含む.)
 (2) 研究業績一覧
 (3) 主たる業績3点以内(各1部,コピーでも可.2点以上の業績を提出する場合は,代表的なもの1点を指定.)
 (4) 研究概要(研究内容を2000字程度にまとめ,A4用紙2枚に楷書またはワープロで書いたもの.)
 (5) 照会先として応募者をよく知り,推薦状を頂ける関連研究分野の方,国内(1名)及び海外(外国人)1名,計2名の研究者の所属,氏名,連絡先(電話番号,E-mailアドレス),応募者との関係を記したリスト.

9. 応募先
 〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1
 東京工業大学大学院社会理工学研究科
 価値システム専攻 W9-29
 徃住彰文 宛
 (注)封筒の表に「准教授応募書類在中」と朱書きし,簡易書留扱いにしてください.

10. その他
 (1) 選考開始後,必要に応じて,上記以外の研究業績の別刷り,面接を依頼することがあります.面接のためにかかる交通費等は自己負担になります.
 (2) 提出された書類等は原則として返却しません.返却を希望する際はその旨を注記し,返却用の封筒(返却先の住所,氏名を明記し,必要な金額の切手を貼付したもの)を同封してください.
 (3) 専攻のホームページ http://www.valdes.titech.ac.jp/ もあわせて参照下さい.
 (4) 問い合わせは,上記応募先へ書面でお送りください.(封筒の表に「准教授応募問い合わせ」と朱書きしてください.)

専攻ページ休止(8月4日・5日)

 定例設備点検のため、 2007年8月4日(土)0時より5日(日)18時までの間、専攻ページを休止します。