VALDES特別フォーラム─学生・教職員無料(11月2日)

 東工大・朝日カルチャーセンター・ジョイントコースの以下の講座を,VALDES特別フォーラムとして開講いたします。

・高橋世織(世界文明センター特任教授) 温暖化の時代に寺田寅彦を読む─気象的感性とは何か

日時: 2007年11月2日(金) 午後6時30分~8時30分
会場: 大岡山キャンパス 西9号館 6階 607

 VALDESフォーラムとは,社会理工学研究科・価値システム専攻が,東工大の内外の,広い聴衆に向けて,情報を発信する機会です。このたび,朝日カルチャーセンターとの提携講座の一部を,このフォーラムとして開講することになりました。東工大の学生・教職員の皆さんは,IDを提示して無料で参加できます。どなたもふるってご参加ください。

・東工大・朝日カルチャーセンター・ジョイントコース

特別演習に専攻OBの高橋範光さん

 VALDES 2期のOBである高橋範光さんが、専攻への恩返しとのご厚意から、「ロジカル・シンキングとその応用」と題する特別演習を担当してくださいました。

高橋さんは、株式会社チェンジ
http://www.change-jp.com
で、企業研修をご専門としていらっしゃいます。

参加した院生諸君にも大変好評のすばらしい演習となりました。

【追記】
 写真を掲載します。高橋さんとまじめに課題に取り組んでいる院生諸君。 ゼロベース思考のトレーニングなどでは、高橋さんも思い浮かばないような大胆なアイデアなども出て、大いに盛り上がりました!
高橋範光さん課題に取り組む院生たち

「知識は社会をつくる」第2回 尾辻かな子先生(10月31日)

講師: 尾辻かな子 (元・大阪府議会議員 民主党)

タイトル: 現代における多様な生き方の可能性

 あなたはこの先どんなライフスタイルで生きますか? シングル、カップル、グループ…マイノリティの問題に取り組む尾辻かな子さんと様々な生き方の可能性を考えます。

日時: 2007年10月31日(水) 17:00~18:00
(講演会終了後、1時間ほど茶話会があります。お気軽にご参加ください)

会場: 大岡山キャンパス 西9号館6階 607室

・尾辻かな子さん公式サイト

* フォーラム「知識は社会をつくる」について
 2007年10月~2008年1月のVALDESフォーラムには、「知識は社会をつくる」というコンセプトを設定しました。
 現在、社会には様々な問題が山積しています。そうした問題の現場で何が起こっているのか、そして問題に対して、第一線で活躍しておられる方々は知識をどのように活用して問題を解決へ導いているのか。また、問題に対して私たちは何ができるのか。いま社会で起こっている出来事について第一線にいる当事者の方々にお話していただくことによって、価値システムならではの様々な視点から新たな問題解決アプローチの可能性を探っていければと考えています。
 専攻以外の方も歓迎です。興味のある方はぜひご参加下さい。

・大学院生のフォーラム委員が主体となってVALDESフォーラムの企画・運営を行っています。

価値システム専攻入試説明会(11月7日)

社会理工学研究科の入試説明会(15:00 - 16:30)に引き続いて,価値システム専攻の入試説明会をおこないます.同じ西9号館の2階の奥にある,203ゼミ室へお出でください.


日時: 2007年11月7日(水)16:40 - 18:00

場所: 西9号館W棟203ゼミ室


16:40 - 17:10

・修士入試の実際 (東工大内部からの進学の実際,外部からの受験の実際,について詳細をお話します.入試は2008年7~8月におこなわれ,入学は2008年10月もしくは2009年4月となります.2008年4月入学のための入試は,すでに終了しました.)

・入学後の価値システム (入学後に準備している,特色にあふれたカリキュラムについてお話します.)

・博士入試の実際 (博士受験の実際,社会人博士,短縮修了についてお話します.入試は2008年2月におこなわれ,入学は2008年4月となります.次の入試の機会は,2008年8月入試,2008年10月入学です.)

17:10 - 18:00

価値システム・ツアー (7, 8, 9階を占める価値システム専攻をご案内します.その後,研究室見学も可能です.)


・入試情報ページ

ノーベル平和賞受賞者、パチャウリ議長インターネット講演会(11月2日)

本年のノーベル平和賞を受賞されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長による講演会をVALDES特別フォーラムとして開催します。(専攻外の方も来聴歓迎、無料です。)

インターネットを通じて、世界7箇所同時配信のインタラクティブな講演会で、質疑コーナーもあります。ノーベル賞受賞者への質問をすることができる稀有な機会でもありますので、奮ってご参加ください。


詳細は以下の通りです。


演題: “The IPPC Fourth Assessment and Beyond”

日時: 11月2日(金)13:00~15:00

場所: 西9号館 607講義室

コーディネーター: 宇野公郎(慶応大学名誉教授)・梅垣理郎(慶応大学)

コメンテーター:

AIT President Prof. Said Irandoust

Prof. Hiroshi Ohta, Waseda University

Prof. Norichika Kanie, Tokyo Institute of Technology

Mr. Mike Hamnett, Executive director, University of Hawaii Research Center

 1  |  2  |  3  | All pages