経営行動科学学会講演会(1月25日)

 経営行動科学学会(JAAS)の2007年度第二回国際学術講演会が、International and Comparative HRMがご専門のChris Brewster教授をお招きして、今週25日(金)にコラボレーションルームで開催されます。
 事前登録頂けましたら学会員以外でも無料でご参加いただけますので、どうぞご参加下さい。

                                           江川 緑

基調講演 “ New Developments in Research on International Assignments: a European Perspective"
Professor Chris Brewster, Department of Management, University of Reading Business School (U.K.)

座長     江川 緑 東京工業大学准教授
指定討論者 永井裕久 筑波大学教授
        大津 誠 中部大学教授 

日時     2008年1月25日(金) 16:30~18:30 (開場16:00)

場所     東京工業大学大岡山キャンパス
        西9号館2階コラボレーションルーム [交通のご案内]

・経営行動科学学会
・江川緑研究室

修士論文発表会のお知らせ

下記の通り,修士課程論文発表会を行います。以下の発表会は公開ですので,本専攻に興味がある方(受験希望の方等)は ぜひお越しください。

日時 平成20年2月4日(月),5日(火)
場所 西9号館707号室

詳細は,以下のページをご覧ください。

・「価値システム専攻 論文発表会開催のお知らせ」のページ

第73回ゲーム理論セミナー(2月1日)

以下のとおり第73回(本年度第8回)ゲーム理論セミナーを開催いたしますので,ご案内申し上げます.
今回も金曜日に開催します.

日時: 2008年2月1日(金) 17:00-18:30

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館7階707号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください.西9号館は大岡山西地区にあります.707号室はエレベーターを7階で降り右手です.

報告者:石川竜一郎氏(筑波大学システム情報工学研究科)

タイトル:A Simulation Study of Learning a Structure: Mike’s Bike Commuting

概要:
This paper undertakes a simulation study of a player’s learning about the structure of a game situation. In a simple 1-person example called Mike’s Bike Commuting, we simulate the process by which Mike experiences and accumulates memories about the game structure. It is the basic requirement that to keep an experience as a long-term memory, Mike needs enough repetitions of that experience. By the choice of our simple and casual example, we can discuss relevant time spans for learning. In particular, we argue that the limit case of Mike’s learning as time tends to infinity is of little relevance to the problem of learning. We find also that the concept of “marking” introduced by Kankeko-Kline is important for obtaining sufficient structural knowledge in a reasonable time span. The simulation study shows that Mike’s learning can change drastically with the concept. We also consider Mike learning his preferences from his experiences, where we will meet various new conceptual problems.

問い合わせ先: 
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
  Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp
武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
  Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
  Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net

気候変動国際交渉COP13(バリ会議)報告会

 報告会のお知らせです。

 新聞やニュースなどでご存知と思いますが、2007年12月3日から12月14日まで、気候変動枠組条約第13回締約国会議(COP13)がインドネシアのバリで開かれました。
 そこで、蟹江研のメンバーがCOP13での議論を中心に、現在の気候変動問題をめぐる国際的な動向について報告します。
 関心のある方はぜひご参加ください。

日時:1月17日(木)17:00~18:30
場所:西9号館 707

プログラム
1.17:00~17:30 蟹江憲史(気候変動問題をめぐる国際的な動向、COP13全般の議論について)
2.17:30~17:50 森田香菜子(気候変動への適応策と資金問題)
3.17:50~18:10 郡山真貴子(気候変動の緩和策 ― 吸収源の問題)
4.18:10~18:30 井口正彦(気候変動問題の中での企業の役割)

・蟹江憲史研究室

★★価値システム専攻入試説明会(1月16日)★★

1月16日(水)に,価値システム専攻の入試説明会をおこないます。
また,下記の日程でも開催いたしますので,ご確認ください。

日時: 2008年1月16日(水)12:30~

場所: 西9号館W棟203ゼミ室

12:30~12:45 専攻の特徴,入試,修了生の進路についての説明
・修士入試は,2008年7~8月におこなわれ,入学は2008年10月もしくは2009年4月となります。
・博士入試は,2008年8月入試,2008年10月入学,もしくは2009年2月入試,2009年4月入学です。

12:45~13:00 専攻のカリキュラムの説明
・入学後に準備している,価値システム専攻の特色にあふれたカリキュラムについてお話します。

13:00~ (1)と(2)を同時に開催いたします。
(1)open room
 研究室を自由に訪問できるopen roomを開催する研究室があります。また,当日以外にも訪問可能な場合があります。開催の有無,訪問可能な時間等は,各教員に個別にお問い合わせください。
(2)入試相談サロン
 個別に入試相談をいたします。価値システム専攻事務室(西9号館7階713号室)にお集まりください。


【今後の日程】

日時: 2008年3月5日(水)12:30~
場所: 西9号館W棟203ゼミ室
 12:30~12:45 専攻の特徴,入試,修了生の進路についての説明
 12:45~13:00 専攻のカリキュラムの説明
 13:00~ (1)と(2)を同時に開催いたします。
  (1)open room
  (2)入試相談サロン

日程: 2008年4月23日(水),5月14日(水),6月11日(水) 【日程変更】
場所: 西9号館W棟203ゼミ室
○昼の部
 12:30~12:45 専攻の特徴,入試,修了生の進路についての説明
 12:45~13:00 専攻のカリキュラムの説明
 13:00~16:40 各研究室の紹介
○夜の部
 18:00~18:15 専攻の特徴,入試,修了生の進路についての説明
 18:15~18:30 専攻のカリキュラムの説明
 16:40~19:00 open room

土曜開催: 2008年5月17日(土)
場所: 西9号館W棟203ゼミ室
 12:30~12:45 専攻の特徴,入試,修了生の進路についての説明
 12:45~13:00 専攻のカリキュラムの説明


・入試情報

・博士課程入学試験について

 1  |  2  | All pages