小池心平さん(修士2年)が研究発表賞を受賞

 VALDESの小池心平さん(修士2年中丸研)が,2007年日本社会情報学会研究大会にて研究発表賞を受賞し,2008年同大会で表彰されます。

受賞発表タイトル:「間接互恵性概念を用いた社会政策型地域通貨の研究-タイムダラー型モデルのシミュレーション結果から-」

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jasi/site/commitee/hyousyou/awards.html

博士論文発表会のお知らせ

下記の通り,博士課程論文発表会を行います。以下の発表会は公開ですので,本専攻に興味がある方(受験希望の方等)は ぜひお越しください。

日時 平成20年7月30日(水) 15:30~16:30
場所 西9号館707号室

発表者 小林憲正
題目 The Epistemic Foundation of Rational Choice

・論文発表会日程

第77回ゲーム理論セミナー(8月1日)

以下のとおり第77回(本年度第4回)ゲーム理論セミナーを開催いたしますので,ご案内申し上げます.

今回も金曜日17時から開催します.

>>>>> セミナー室は前回と同じです. <<<<<
昨年度までの部屋のちょうど1階下の6階607号室で,エレベーターを6階で降 り右手です.


日時: 2008年8月1日(金) 17:00~18:30

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館6階607号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください.西9号館は大岡山西地区にあります.

報告者: Professor Dimitry Rtischev (学習院大学経済学部)

タイトル: Licensing of cost-reducing innovations without extortion of licensee's ex-ante profits

概要: According to strategic licensing theory, an independent inventor of a cost-reducing innovation can sell an exclusive license to an incumbent oligopolist for a fee so high that the licensee suffers a decrease in net profit. The notion that the inventor appropriates not only all of the new profit generated by his innovation, but also some of the profit stream which belonged to his client prior to the transaction, has not found recognition in the management and policy perspectives on technology licensing and, moreover, appears to contradict the presumption that all voluntary economic transactions are Pareto-improving. We first seek to identify the assumptions that bias strategic licensing models to overstate revenues obtainable by auctioning an exclusive license to a cost-reducing innovation. We then explore a more balanced approach to modeling trade in the upstream market for technologies that reduce production costs of downstream oligopolists.


問い合わせ先: 

武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
 Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
 Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
 Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp

Using Activity Systems Analysis for Understanding Complex Human Learning Situations.(8月2日)

下記の通り認知科学セミナーを開催します.興味のある方はご参集ください.

題目: Using Activity Systems Analysis for Understanding Complex Human Learning Situations.(Activity Systems Analysisを使って複雑な人間学習環境の研究を進める.)

講演者: Lisa Yamagata-Lynch (Northern Illinois University)
      山縣りさ(Northern Illinois University)

日時: 2008年8月2日(土)14:00-15:00

場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス・西9号館E棟 9階910ゼミ室

要旨:
This lecture will provide an overview of Cultural Historical Activity Theory (CHAT) and its applications for understanding complex human learning situations. I will specifically discuss activity systems analysis as a methodological tool for analyzing human activity in
educational settings. I will introduce sample studies from my work using this methodology and discuss issues related to the unit of analysis, data collection, and data analysis. I am looking forward to exchanging ideas with the audience regarding CHAT and its applications in research.
(この講演では Cultural Historical Activity Theory (CHAT)を紹介し,CHATから見た複雑な人間の学習環境とはどのようなものかを説明します.特にactivity systems analysisを使った教育環境においての研究をどのように行うかを報告します. 私の研究をいくつか紹介し,unit of analysis, data collection, 及びdata analysisに関して発表します.皆様のCHAT研究に関するご意見を頂けるように願っています.)

認知科学セミナーWeb:
http://www.valdes.titech.ac.jp/~akt/meets.html

From Emotions to Computation.(7月14日)

下記の通り認知科学セミナーを開催します.興味のある方はご参集ください.

題目: From Emotions to Computation.(感情から計算へ.)

講演者: Akifumi Tokosumi (Tokyo Tech), Fumito Kawakami (Tokyo Tech), and Kohei Noda (EI Research): 徃住彰文(東京工業大学),川上文人(東京工業大学),野田浩平(EIリサーチ)

日時: 2008年7月14日(月)17:00-18:00

場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス・西9号館E棟7階715価値システム会議室

要旨:
This talk summarizes our view to the recent trends in emotion researches. We will focus on the cognitive architecture of emotional processes from three perspectives: Tokosumi - computational, Kawakami - developmental, and Noda - biological.
(近年の感情研究における新動向をまとめる.感情のアーキテクチュアについて,徃住が計算の観点から,川上が発達の観点から, 野田が脳科学の観点から展望する.)

認知科学セミナーWeb:
http://www.valdes.titech.ac.jp/~akt/meets.html

 1  |  2  | All pages