米国インテリジェンスの最先端事情~公開情報分析と文理融合アプローチ~ (12月3日)

講師: 菊地 正彰 (フリーエコノミスト/アナリスト)

タイトル: 米国インテリジェンスの最先端事情 ~公開情報分析と文理融合アプローチ~

会場: 大岡山キャンパス 西9号館 6階 607号室 研究科共通ゼミ室

日時: 2008年 12月 3日(水) 17:00 ~ 18:00
 (終了後に7階リフレッシュルームにて1時間ほどの茶話会あり)

講演について:
 9.11以降、過渡期にある米国インテリジェンス。新たな主流は金融危機の到来さえ事前に予測可能とした公開情報分析。地球そして衛星軌道にまで張り巡らされたITによる情報世界。その裏側に潜む真実を暴くのは、最早「スパイ」ではなく、文理を越えた科学的アプローチである。あの悲劇から7年後、2008年9月11日にワシントンで開催されたカンファレンスを手引きに、最先端インテリジェンスの世界を御案内します。

講演者プロフィール:
2005年、東工大大学院社会理工学研究科価値システム専攻修了
大学時代より、三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、公共政策・経営の研究調査活動に従事。原田武夫国際戦略情報研究所を経て、現在フリーエコノミスト/アナリスト。米国公認会計士(全課目合格)。

第82回ゲーム理論セミナー(11月28日)

以下のとおり第82回(本年度第9回)ゲーム理論セミナーを開催いたしますので,ご案内申し上げます.

本年度後期は,慶應義塾大学公共経済学セミナーとの合同開催とし,慶應義塾大学三田キャンパスで行っております。
時間もこれまでより30分早く16:30-18:00となっておりますので,ご注意ください。
後期のスケジュールは
http://www.econ.keio.ac.jp/org/pubecon/pubecon.html
をご覧ください。


日時: 2008年11月28日(金) 16:30-18:00

場所: 慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎108番教室
http://www.keio.ac.jp/access/mita.html
をご覧ください。

報告者: 大槻 久氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科)

タイトル: Indirect reciprocity and punishment

アブストラクト:
Indirect reciprocity refers to the mechanism where a cooperator is rewarded by a third party through his/her reputation. Unlike traditional repeated-game settings, one never meets the same player more than once, so the stability of cooperation is not obvious. We characterize the social norms that allow evolutionary stability of cooperation. The effect of introducing costly punishment into the game is also studied.


問い合わせ先: 

武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
  Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
  Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
  Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp

集団療法(11月17日)

下記の通り認知科学セミナーを開催します.清華大学心理学系の先生が来学され,グループセラピーについて講演してくださいます.興味のある方はご参集ください.

題目: 认知行为互动取向团体治疗:大学生网络依赖的心理干预研究

講演者: Fan Fumin (Tsinghua University) 樊富珉(清华大学)

日時: 2008年11月17日(月) 17:00-18:30

場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス・西9号館E棟9階911ゼミ室

認知科学セミナーWeb:
http://www.valdes.titech.ac.jp/~akt/meets.html

Directions of Contemporary Music and Technology: An Experience at CCRMA(11月10日)

下記の通り認知科学セミナーを開催します.興味のある方はご参集ください.

題目: Directions of Contemporary Music and Technology: An Experience at CCRMA, 現代音楽とテクノロジーの向かうところ:CCRMAでの体験.

講演者: Akihiro Kawase (Tokyo Tech.) 河瀬彰宏(東京工業大学)

日時: 2008年11月10日(月) 17:30-18:30

場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス・西9号館E棟9階911ゼミ室

要旨:
As an introductory guide to the latest trends in contemporary music, we will focus on the aesthetic and philosophical traditions of CCRMA.
(音楽とテクノロジーとの協調の前衛であり続けるStanford大学のCCRMA(計算音楽音響研究所)の文化を概観する.)

認知科学セミナーWeb:
http://www.valdes.titech.ac.jp/~akt/meets.html

特別講演(「ラッド政権下のオーストラリアのアジア政策」)のご案内(11月17日)

下記の通り価値システム専攻主催の講演会を開催いたします。興味のある方はどうぞいらしてください。ポスターはこちらから。
―――――――――――――――――――――――――――――――

Special Lecture: Australia's Asia Policy under the Rudd Government
特別講演:ラッド政権下のオーストラリアのアジア政策

Speaker: Prof. Purnendra Jain, Former Head of Centre for Asian Studies, Adelaide University
講師:オーストラリア・アデレイド大学アジア研究所前所長 Purnendra Jain教授

Date & Time: Monday 17 November 2008, 18:00-19:30
Place: W932, West Bldg. 9, O-okayama Campus,
Language: English, Free of Charge

For further inquiries:
Akifumi Tokosumi (VALDES, akt@valdes.titech.ac.jp)
Leith Morton (Foreign Language Research and Teaching Center, morton@flc.titech.ac.jp)
Yuriko Sato (International Student Center, yusato@ryu.titech.ac.jp)

主催:東京工業大学価値システム専攻、外国語研究教育センター、留学生センター