入試説明会日程追加

3月4日(水)に加え,下記の日程で価値システム専攻2010年度入試説明会を行います。

日程:2009年5月13日(水),6月10日(水)

会場:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館W棟203ゼミ室

※詳細は後日アップいたします。


・入試説明会およびOpen Roomについて

事務補佐員公募

平成21年2月23日

関係各位
東京工業大学大学院社会理工学研究科
徃住彰文


事務補佐員の公募について

徃住研究室にて事務補佐員を公募いたします。詳細は下記のリンクより公募書類をダウンロードしてご覧ください。

公募書類をダウンロード(pdfファイル)

第86回ゲーム理論セミナー(3月2日)

第86回(2008年度第13回)ゲーム理論セミナーを以下のとおり開催いたしますので,ご案内申し上げます.

時間が14:00からと通常より早めですので、ご注意ください。

日時: 2009年3月2日(月) 14:00‐15:30

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館6階607号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください.西9号館は大岡山西地区にあります.

報告者: Glev Koshevoy 氏(Central Institute of Economics and Mathematics, Russian Academy of Sciences)

タイトル: Economies with indivisible goods and pooling games
 
アブストラクト:
A pooling situation in an exchange economy with property rights (due to Potters and Tijs (1987)) occurs, when owners of mutually replaceable commodities are willing to give up their property rights in order to reach a more profitable reallocation of the commodities. With a pooling situation, Potters and Tijs associate a cooperative game and prove non-emptyness of the core in such a game. The assignment games, the permutation games, and the transportation games belong to the class of pooling games.

The aim of my talk is to show the existence of equilibria for a pooling economy. For that we demonstrate that the pooling situation can be considered as a particular case of most general existence result in economies with indivisible and money due to Danilov, Koshevoy, and Murota (2000).


問い合わせ先: 

武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
  Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
  Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
  Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp

第85回ゲーム理論セミナー(2月27日)

第85回(2008年度第12回)ゲーム理論セミナーを以下のとおり開催いたしますので,ご案内申し上げます.

時間が16:00からと通常より早めですので、ご注意ください。

日時: 2009年2月27日(金) 16:00‐17:30

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館6階607号室
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
をご覧ください.西9号館は大岡山西地区にあります.

報告者: 増田直紀 氏(東京大学工学部)

タイトル: 非一様なネットワーク上の進化ゲーム.
 
アブストラクト:
各個体がつながっている相手数 (次数) は著しく不平等な場合がある。その分布がベキ乗則のときは、スケールフリー・ネットワークと呼ばれ、人間のネットワークに例が多い。移動能力や個体差に限界があると思われる動植物ではスケールフリー・ネットワークは当てはまらないかもしれないが、その場合でも、各個体の次数は一般的に異なると考えられる。

スケールフリー・ネットワークは社会的ジレンマゲームにおける協力行動の進化を促進することが、2005年以来知られている。対戦相手の多いハブは他の個体よりも高い利得を得やすく、ハブの協力行動は安定化するので、ハブから他の個体へと協力行動が広がる。この結果は、ゲームに参加すると戦略の優劣にあまり関わらず得をしやすい、という仮定に基づいている。次数が散らばっていなければ、利得行列に定数 (参加料と呼ぶ) を加えても、例えばレプリケーター・ダイナミクスは保存されるので、この仮定は正当である。本発表では、不均一なネットワーク上では、参加料が協力行動の割合を大きく左右することを示す。比較的小さい参加料を課すだけで、協力行動が著しく減る。この状況では、次数の小さい個体の方がハブよりも高い利得を得る。しかし、次数の小さい個体の協力行動は、特に安定化しないのである。


問い合わせ先: 

武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
  Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
  Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward0@nabenavi.net
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻)
  Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@valdes.titech.ac.jp

2010年度入試情報

2010年度入試(2010(平成22)年度4月入学及び2009(平成21)年度10月入学)の情報をアップいたしましたので,ご確認ください。


・修士課程入学試験について

・博士課程入学試験について

 1  |  2  | All pages