★★価値システム専攻入試説明会(3月31日)★★

下記の通り,3月31日(水)に価値システム専攻入試説明会を行います。西9号館の2階の奥にある,203ゼミ室へお出でください。当日は,Open Room(西9号館8,9階の研究室公開)も開かれます。

日程:2010年3月31日(水)
会場:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館W棟203ゼミ室

Ⅰ 専攻・入試・カリキュラム・教育プログラムの概要:12:30-13:30
 12:30~12:35 専攻長挨拶(木嶋)
 12:35~12:45 入試についての説明(入試委員:中丸)
 12:45~13:00 専攻のカリキュラムについての説明(教務担当:猪原)
 13:00~13:30 教育研究プログラムについての説明
     ・社会的サービス価値のデザイン・イノベーター育成プログラム(木嶋)
     ・合意形成学国際プログラム(猪原)
     ・清華大学合同プログラム(田中)
     ・ディジタル人文工学特別教育研究コース(徃住)

Ⅱ 各研究室の紹介:13:30-15:40(紹介順は下記リンクページでご確認ください。)

■詳細情報
・入試説明会およびOpen Roomについて

第98回ゲーム理論セミナー(3月2日)

 第98回(2009年度第13回)ゲーム理論セミナーを以下のとおり開催いたしますので,ご案内申し上げます.

日時: 2010年3月2日(火) 17:00-18:30

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館607号室

報告者: 船木 由喜彦 氏(早稲田大学政治経済学部)

タイトル: A coalition formation value for games with externalities

アブストラクト:
The coalition formation problem in an economy with externalities can be adequately modeled by using games in partition function form (PFF games), proposed by Thrall and Lucas. If we suppose that forming the grand coalition generates the largest total surplus, a central question is how to allocate the worth of the grand coalition to each player, i.e., how to find an adequate solution concept, taking into account the whole process of coalition formation. We propose in this paper the original concepts of scenario-value, process-value and coalition formation value value, which represent the average contribution of players in a scenario (a particular sequence of coalitions within a given coalition formation process), in a process (a sequence of partitions of the society), and in the whole (all processes being taken into account), respectively. We give an application to Cournot oligopoly, and two axiomatizations of the scenario-value.


問い合わせ先: 

渡辺隆裕(首都大学東京都市教養学部経営学系)
         Tel: 0426-77-1139  E-mail: forward5@nabenavi.net
武藤滋夫(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
         Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto@soc.titech.ac.jp
大和毅彦(東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻)
         Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato@soc.titech.ac.jp

合意形成学(IPCOB)セミナー(2月23日)

下記の通り、2月23日(火)午後2時から、合意形成学セミナーを開催いたします。
ご講演者は順天堂大学の吉武久美子先生です。

案内URL:
http://www.ipcob.org/seminar-Yoshitake-2010-02-23.html

みなさま、是非ご参加下さい。

記:

セミナー(2010年2月23日(火))

講演:合意形成学国際プログラム(IPCOB:http://www.ipcob.org/

日時:2010年2月23日(火)14:00-16:00 17:00〜【時間変更】

場所:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館7階707AVセミナー室

講演タイトル:周産期医療と合意形成

講演者:吉武久美子(順天堂大学医療看護学部)

概要:
周産期医療の現場では、出産、胎児死亡、人工妊娠中絶など、生と死が隣り合わせになっています。また、体外受精などの生殖医療技術の進歩によって、多くの人々が妊娠の恩恵に浴することができるようになった一方で、減数手術、代理母などの複雑な状況に直面することになりました。複雑な条件のもとで、患者、家族、医療者は、対立を招くことなく、どのように意思決定を行ったらよいのでしょうか。

周産期医療に生じる事例を検討しながら、なぜ医療に合意形成が必要なのか、合意形成を行うためにはどのような点を重視すべきかについて論じたいと思います。