合意形成学(IPCOB)セミナー(7月23日)

下記の通り、7月23日(金)午後5時から、合意形成学セミナーを開催いたします。
ご講演者は社会工学専攻の坂野達郎先生です。

案内URL:
http://www.ipcob.org/seminar-Sakano-2010-07-23.html

みなさま、是非ご参加下さい。


記:
------- 合意形成学セミナー
セミナー(2010年7月23日(金))

日時:2010年7月23日(金) 17:00-19:00
場所:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館7階707AVセミナー室
講演タイトル:無作為抽出市民による討議民主主義の可能性-神奈川県Deliberative Poll 実験を題材にして

講演者:坂野達郎(東京工業大学大学院社会理工学研究科)

概要:
無作為抽出市民による討議の可能性を模索する社会実験が1990年代から世界的に広がってきている。無作為抽出された市民による討議と投票を組み合わせることで、直接投票における規模の問題を克服しようとする提案である。無作為抽出市民による討議を政策決定に反映させる試みは、1970年代ドイツのP.C.Dienelによるプラーヌンク・ツェレ、米国のN.Crosbyによる市民陪審に遡ることができる。1980年代には、B.BarberによるStrong Democracy、R.A.DahlによるMini-populousなど理論的な構想を経て、デンマーク科学技術局(DBT)が80年代後半に開発したコンセンサス会議、スタンフォード大学討議型民主主義センター(CDC)が開発した討議型意識調査(Deliberative Poll)が国を超えて実施に移されている。

日本でも、2000年東京電機大学の若松征男、小林傳司教授等がコンセンサス会議を実施、その後北海道大学の杉山滋郎等に引き継がれており、2007年には篠藤明徳別府大学教授を中心にプラーヌンク・ツェレを実施、その後日本青年会議所との協力で数十の自治体へ普及している。また、討議型意識調査は、2009年神奈川県と東工大坂野が実施、その後藤沢市での実施などにつながっている。

発表は、討議型意識調査の神奈川県での実験にもとづき、DPの概況、日本での実施する上での問題点、際無作為抽出市民による討議がもつ意味と可能性について語りたい。

主催:合意形成学国際プログラム(IPCOB:http://www.ipcob.org/

蟹江憲史准教授のラジオ出演

VALDESの蟹江憲史准教授が,6月21日(月)TBSラジオ「Dig」(PM22:00〜)に出演しました。当日の放送は番組ホームページからポッドキャストで聞くことができます。

・TBSラジオ「Dig」 6月21日(月)「地球温暖化のウソってホント!?」

・蟹江研究室

維摩経と法華経─反正合の論理として(7月23日)

講師:植木 雅俊 (仏教学者)

日時:2010年7月23日(金) 18時30分~20時30分

場所:大岡山キャンパス 西9号館 3階 W934講義室 

受講料:2700円

概要:サンスクリット語の法華経を翻訳したのに続き、1999年に発見されたサンスクリット語の維摩経を読んでいる。中国では法華経が万善同帰経とされたのに対して、維摩経は方等弾呵経と評された。維摩経には「非道を行じて仏道となる」といった逆説的表現が満ち溢れている。それはなぜなのか? 仏教の「反正合」の論理から捉えなおすことができるのではないか。

講師略歴:植木雅俊 (うえき まさとし)
仏教研究家(東方学院)。理学修士(九州大学)、文学修士(東洋大学)。東大名誉教授・中村元博士の下でインド思想・仏教思想論、サンスクリット語を学ぶ。お茶の水女子大学から男性初の人文科学博士の学位を授与される(男性では初めて、論文は『仏教のなかの男女観』岩波書店として出版)。日本ペンクラブ、日本印度学仏教学会会員。主な著書に『釈尊と日蓮の女性観』(論創社)、『梵漢和対照・現代語訳 法華経』上・下(岩波書店=毎日出版文化賞)、『Gender Equality in Buddhism』( Peter Lang Publ. Inc.)、『Images of Women in Chinese Thought and Culture』( Dr. Robin Wangとの共著, Hackett Publ. Inc.)など.

お申し込み先  新宿住友ビル4階 朝日カルチャーセンター

   電話予約・振込みなどの問い合わせは 03-3344-1945

「ヨハネ黙示録」を読む(7月21日)

講師:橋爪大三郎 (東京工業大学教授)

日時:2010年7月21日(水) 18時30分~20時30分

場所:大岡山キャンパス 西9号館 3階 W934講義室

受講料:2700円

概要:『新約聖書』の最後で、この世界の終末を預言するヨハネの黙示録。ハルマゲドンの戦いや、死者の復活、最後の審判、神の国の到来を語るこの書物を、キリスト教徒は信仰の一部としてきた。にわかには信じがたい奇怪な内容を多く含むこの書物を、どう理解すればよいのか。聖書学の見解や、古代思想、宗教社会学の視点など、キリスト教理解の急所となるこの書物を多角的に掘り下げて考察します。

講師略歴:橋爪大三郎(はしづめ だいさぶろう)
1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。執筆活動を経て、1989年より東工大に勤務。現在、同世界文明センター副センター長を兼務。社会学者。著書に、『仏教の言説戦略』(勁草書房)、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『社会の不思議』(朝日出版社)など多数。近著に、『裁判員の教科書』(ミネルヴァ書房)、『はじめての言語ゲーム』(講談社)がある。

お申し込み先  新宿住友ビル4階 朝日カルチャーセンター

   電話予約・振込みなどの問い合わせは 03-3344-1945

【変更】Jポップと現代社会(7月14日・8月4日・9月8日)

※8月4日は延期となりました(日程は未定)。9月8日は予定通り開催いたします。


講師:宇野常寛(評論家)×
   水無田気流(詩人、東京工業大学世界文明センター・フェロー)

日時:2010年7月14日(水) 18時30分~20時30分
       8月 4日(水) 18時30分~20時30分 →延期(日程は未定)
       9月 8日(水) 18時30分~20時30分 →予定通り

場所:大岡山キャンパス 西9号館 3階 W934講義室

受講料:3回通し券9000円 1回3000円(各回ごとの申し込みも可能)

概要:80年代後半以降の主要アーティストによるポップソングの歌詞を、社会評論と美学的な観点双方から読み解く。流行歌の歌詞に表現された若者の自意識の変遷を軸に、近年のネオ郊外化現象、情報技術の進展によるコミュニケーション形態の変化、消費空間のテーマパーク化、さらにはグローバル化や低成長がなど経済社会構造の変化が、バブル崩壊以降のユース・カルチャーにもたらした影響などについて、ポエジーの今日的様態に目配りしつつ、省察していく。

講師略歴:宇野常寛(うの つねひろ)
1978年生まれ。批評家。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に「ゼロ年代の想像力」(早川書房)。共著に更科修一郎との時評対談集「サブカルチャー最終審判 批評のジェノサイス」(サイゾー)。近刊に「母性のディストピア」(新潮社)など。

講師略歴:水無田気流(みなした きりう)
1970年生まれ。本名・田中理恵子。2005年、早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2003年第41回現代詩手帖賞受賞。2006年、第1詩集『音速平和』(2005年、思潮社刊)で第11回中原中也賞受賞。2008年、第2詩集『Z境(ぜっきょう)』で第49回晩翠賞受賞。評論に、『黒山もこもこ、抜けたら荒野―デフレ世代の憂鬱と希望―』(2008年、光文社新書)『無頼化する女たち』(2009年、洋泉社新書y)。

お申し込み先  新宿住友ビル4階 朝日カルチャーセンター

   電話予約・振込みなどの問い合わせは 03-3344-1945

 1  |  2  |  3  | All pages