グローバル化を生き抜くために~これからの社会人に必要なこと~(12月21日)

講師: 関橋 英作 (株式会社MUSB代表取締役&クリエイティブ・コンサルタント)

タイトル: グローバル化を生き抜くために~これからの社会人に必要なこと~

会場: 大岡山キャンパス 西9号館 6階 607

日時: 2011年 12月21日(水) 17:00 ~ 18:00

概要:
いま必要なのは、クリエイティブ力とコミュニケーション力。
考えることも、話すことも、人と繋がることも、何かを実現することも、すべてはクリエイティブ力とコミュニケーション力から。
このふたつは、実は連携した力。グローバル化で必要とされる、知らない人、価値観の違う人と仕事をすることにおいて欠かせない力。
それを身につけるためには、依存体質からの脱却、固定観念の解放。
これらのことを、キットカットの事例を織り交ぜながら、クリエイティブとコミュニケーションの大事さをお話しします。
キットカットは、ただのウエハースチョコだったのに、なぜ受験生のお守りになったのか。

講師について:
 青森県八戸市生まれ。外資系広告代理店J・ウォルター・トンプソン・ジャパン(現JWT)に入社し、コピーライターから副社長までを歴任。その間、多くのブランドを育て、広告賞も多数受賞。特にキットカットでは、いまや受験生のお守りになったキャンペーンを展開。

 現在、クリエイティブ・コンサルタント。ブランディングをする会社MUSB(ムスブ)の代表取締役&クリエイティブ戦略家として、主として企業のブランディングを手がける。そのほかに、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー、女子美術大学非常勤講師、慶応大学大学院非常勤講師。

 著書に、『ある日、ボスがガイジンになったら!? ―英語を習うより、コミュニケーションを学べ』『チーム・キットカットの きっと勝つマーケティング―テレビCMに頼らないクリエイティブ・マーケティングとは? 』『ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す』『マーケティングはつまらない? 』など。

博士論文発表会のお知らせ(1月6日)

下記の通り,博士論文発表会を行います。以下の発表会は公開ですので,本専攻に興味がある方(受験希望の方等)はぜひお越しください。

日 時 平成24年1月6日(金) 13:30〜
場 所 西9号館6階607号室 研究科共通ゼミ室

発表者 関口 卓也
題 目 A theoretical study of the efficiency and constraint aspects of
social norms

・論文発表会日程

価値システム専攻創立15周年記念論考ページ

価値システム専攻創立15周年記念論考のページを開設いたしました。論考は全てPDFファイルで個別ダウンロードが可能ですので,是非ご覧ください(全体を論文集として一括ダウンロードも可)。

なお,応募された論考は審査を行い,下記の通り受賞者を決定しました。受賞者は11月30日の創立15周年祝賀講演会後の懇親会にて表彰されました。

【金賞】藤田直哉 東日本大震災と「文学」の役割

【銀賞】鈴木鉄忠 「善い社会」のための「制度」へ──「3.11」以後,
         私たちはいかなる社会を求める(べきな)のか?

【銅賞】西山昇 ゼロリスク社会のジレンマを超えて──個人が異なる価値観との
        対話を通じて実現するリスク適応力の高い社会


創立15周年記念論考ページ

論考募集のご案内(9月28日掲載)