専攻新パンフレット配布中

 2013年度入学希望者向けの新しい専攻紹介パンフレットが完成しました。本日の専攻説明会などで配布中です。

2013valdes_pamphlet.JPG

博士論文発表会のお知らせ(3月12日)

下記の通り,博士論文発表会を行います。以下の発表会は公開ですので,本専攻に興味がある方(受験希望の方等)はぜひお越しください。

日 時 平成24年3月12日(月) 13:00〜14:30
場 所 西9号館9階910号室(中セミナー室)

発表者 高久 聡司(たかく さとし)
題 目 校庭芝生化のポリティクス―歴史社会学的アプローチ―

・論文発表会日程

リベラルアーツセンター発足

 2012年1月付で本学にリベラルアーツセンターが発足しました。このセンターは東工大における文系科目の充実、文系分野のリベラルアーツ教育の推進を目指したものです。

 センター長には本専攻の桑子敏雄教授が就任、そして報道等がされているように新たに池上彰教授、さらに本専攻から上田紀行教授が同センターに着任しました。なお、桑子教授はもちろん上田教授も価値システム専攻に従来通り研究室を置き、本専攻での大学院教育もそのまま継続して担当します。

・リベラルアーツセンター

・桑子敏雄研究室
・上田紀行研究室

サービスシステム科学国際シンポジウム2012(2月28日)

「サービスシステム科学国際シンポジウム2012」のご案内

東京工業大学「サービスシステムモデリングによる産業集積における価値共創の可視化と支援」プロジェクトでは、「サービスシステム科学国際シンポジウム2012」を開催致します。各国産学官の講演者の方々をお招きして、サービス科学、サービスイノベーションをシステム科学の視座から多角的に検討することを狙いとし、SSMEのより大きな見取図を示したいと考えております。

ご多忙のこととは存じますが、多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。


問題解決型サービス科学研究開発プロジェクト
サービスシステムモデリングによる産業集積における価値共創の可視化と支援
研究代表者 木嶋 恭一


--------------------------------------------------------------------------
「サービスシステム科学国際シンポジウム2012」
--------------------------------------------------------------------------
日 時:2012年2月23日(木)9:30-17:15(受付開始は9:10より)
会 場:東京工業大学 大岡山キャンパス
    西9号室2階 ディジタル多目的ホール
    〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
    (東急目黒線・大井町線「大岡山」駅 徒歩5分)
    http://www.titech.ac.jp/about/campus/index.html
参加費:無料
申込み:配布資料等の都合上、お手数ですが、Eメールの本文に
    (1)お名前
    (2)ご所属(肩書)
    (3)メールアドレス
    をお書きの上、service.symposium.2012@gmail.com までお送り下さい。
備 考:定員を超えた場合は先着順とさせて頂きますのでご了承下さい。
--------------------------------------------------------------------------
プログラム(使用言語:英語)

09:10
受付開始

09:30-09:35
Welcome Speech
木嶋 恭一 (東京工業大学)

09:35-09:45
Opening Address
斎藤 尚樹
(JST-RISTEX 企画運営室長)

09:45-10:30
Systems Thinking for Smarter Cities
Justin M. Cook (IBM Corporate HQ Communications, USA)

10:30-11:15
Visualizing Service Systems with PCN Analysis
Scott Sampson (Brigham Young University, USA)

11:15-12:00
Systemic Design for Health Services Innovation
Peter Jones (OCAD University, Canada)

12:00-13:15
昼休み

13:15-14:00
Information and Knowledge Management for Service Systems Design
and Engineering
Stephen Kwan (San Jose State University, USA)

14:00-14:45
New Collaborative Institutions for Systemic Innovation
Minna Takala (Aalto University, Finland)

14:45-15:15
Value Orchestration Platform for Value Co-creation
(価値共創のための価値協奏プラットフォーム)
木嶋 恭一 (東京工業大学)

15:15-15:30
休憩

15:30-17:00
Panel Discussion
"Service Science, Management and Engineering (SSME)
in Systems Perspective"
-- Panelists --
David Ing (IBM Canada, Canada)
Gary Metcalf (InterConnections, LLC, USA)
Jennifer Wilby (University of Hull, UK)
Janet Singer (University of California, Santa Cruz, USA)
出口 弘 (東京工業大学)

17:00
閉会の挨拶

--------------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ先】
 東京工業大学
 サービスシステム科学国際シンポジウム2012事務局
 E-mail: service.symposium.2012@gmail.com
 URL: http://www.service-i.titech.ac.jp/
--------------------------------------------------------------------------

第110回ゲーム理論セミナー(2月17日)

以下の通り,開催いたしますので,ご案内申し上げます.

日時: 2012年2月17日(金) 10:30-12:00

場所: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館626号室

報告者: 渡邊 直樹 氏 (筑波大学 システム情報系)

タイトル: Quality-Adjusted Prices of Japanese Mobile Phone Handsets and Carriers' Strategies

アブストラクト: In order to discuss oligopolists' strategic determination of quality-adjusted prices (QAPs), we conducted a hedonic regression analysis using adjacent periods and estimated the QAPs of mobile phone handsets sold in Japan between 2002 and mid-2007 for each carrier. We observed (i) a decreasing trend in QAP for each carrier, (ii) a more rapid decrease in the QAPs of the two smaller carriers' handsets relative to that of the largest carrier, and (iii) a turnover cycle of the QAPs between the two smaller carriers. If both small carriers decrease their QAPs at roughly the same time, neither will significantly increase their subscriber share, which can generate a turnover cycle of QAPs.


問い合わせ先:
武藤滋夫 (東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻) 
  Tel: 03-5734-3622 E-mail: muto-at-soc.titech.ac.jp
大和毅彦 (東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻)
  Tel: 03-5734-2677 E-mail: yamato-at-soc.titech.ac.jp

 1  |  2  | All pages