人文工学セミナー「モートン先生のAJLS報告」(11月30日)

以下のように人文工学セミナーを開催します。本専攻のモートン教授の国際会議報告です。ぜひご参集ください。

題目: A Chat about Ohio and AJLS (Association of Japanese Literary Studies)

講演者: Leith Morton (Tokyo Tech.)

日時: 2012年11月30日(金) 15:05-15:50

場所: 東京工業大学・大岡山西9号館E棟9階Presentaion Room

要旨: An impromptu chat about people and events that I encountered in my
brief sojourn in Columbus, Ohio during the AJLS Conference in October.

谷口准教授と価値システム専攻の学生2名が参加したイベントが東京新聞の記事に

本専攻の谷口尚子准教授と学生2名が参加した足立区選挙管理委員会企画イベント「『若者はなぜ選挙にいかないのか?』選挙前に考える」が東京新聞の記事になりました。

・若者の投票率アップどう実現 足立でイベント「投票所を大学に置く」の意見も(東京新聞)

11月14日、池上彰先生の講演が行われました

 去る11月14日特別企画のフォーラムとして、東京工業大学リベラルアーツセンターの池上彰教授をお招きし、VALDESの学生に向けて「現地で見たアメリカ大統領選挙」と題してご講演いただきました。

20121114_240x179.jpg
(写真は、講演後の池上先生を囲んでの茶話会にて)

Agent based simulation of service co-elevation(11月28日)

講師: Sampsa Ruutu (VTT Technical Research Centre of Finland・Research Scientist、社会理工学研究科 準客員研究員)

タイトル: Agent based simulation of service co-elevation

会場: 大岡山キャンパス 西9号館 6階 607

日時: 2012年 11月28日(水) 17:00 ~ 18:00

概要:
Co-elevation is one part of the conceptual service model developed by Kijima & Spohrer (2010), and refers to the spiralling upward of customer aspirations and provider service levels. My research presents the first attempt to formalize this phenomenon. For this, I use agent based simulation. Firstly, my aim is to deepen the understanding of service co-elevation and to provide necessary conditions for its occurrence.

Secondly, my aim is to examine the impact of service provider competition on co-elevation. While frequent in real life, the impact of competition on co-elevation has previously not been studied.

In the simulation model, I consider a setting with two competing service providers and multiple customers. This setting can reflect e.g. the case of two internet service providers that rely on the same set of customers. In addition to offering basic internet connectivity, each firm can also offer complementary services, such as IPTV, to customers. In the model, the firms and customers are assumed to change their behavior adaptively based on their perceptions of the current state of the system. From the service provider's perspective, the agent decision rules determine the level of service the firm is willing to offer as well as its price. Based on the service level and price, consumers evaluate their utility of the service providers, and change their service providers based on this. Consumers are assumed to perceive the quality of their own service provider directly.

Consumers also get information regarding the competing service provider through interactions with other customers.

講師について:
Sampsa Ruutu
2008年にHelsinki University of Technologyにて修士号を取得。専攻はSystems and Operations ResearchのIndustrial Engineering。修士論文執筆の際に、VTT Technical Research Centre of Finlandに参加し、現在も研究員として引き続き参加している。また、同時にAalto UniversityのPh.D学生でもある。現在の研究テーマはDynamic simulation of service systems。

★★価値システム専攻入試説明会【追加開催】(11月24日)★★

価値システム専攻は、予定していた11月28日(水)に加え,11月24日(土)にも専攻入試説明会を開催いたします。24日(土)は蔵前会館にて、VALDESの教員、在学生、同窓生が一堂に会し、VALDESの実態と魅力について多角的に紹介します。参加予約不要ですので、本専攻(大学院修士課程・博士後期課程)に関心をお持ちの方、入学を考えておられる方、どうぞお気軽にご参加下さい。

「VALDESのミッション」
 日程:2012年11月24日(土)13:30~17:30
 会場:蔵前会館 (Tokyo Tech Front) 3階 会議室

14:00 - 14:45
 専攻の説明と入試の説明 徃住彰文(教務担当)
 在学生が語る「VALDESのミッション」
  工藤彰 (D3; 計量文学,認知科学)
  古城隆文(M1; 政治学)

14:45 - 15:30
 「意思決定と責任」 高橋範光(VALDES同窓会長)

15:45 - 17:30
 VALDES OPINIONS 2012 表彰式「これからの大学(院)教育)」
 お茶会とワークショップ「VALDESの新ミッション」


※11月28日(水)にも専攻入試説明会を行います。

【詳細情報】
・入試説明会およびOpen Roomについて

 1  |  2  | All pages