異動(退任)

 価値システム専攻の今田高俊教授、リース・モートン教授、潮見登連携教授が3月末をもって退任されました。

 今田教授は社会学、特に自己組織性の社会システム論および社会階層論を専門とされ、1979年に東工大に着任、1996年の価値システム専攻の創設にも大きな役割を果たされました。以来、本専攻で教鞭を執るかたわら学内外で活躍され、2008年には紫綬褒章を受章されました。

 モートン教授は比較文学・翻訳論を専門とされ、2003年に東工大着任、外国語研究教育センターにご所属のかたわら2006年より大学院担当教員として本専攻で学生の指導をされました。

 潮見連携教授のご専門は、マーケティング戦略、情報通信システムと経営です。野村総合研究所との連携協定に基づき、同研究所に籍を置かれつつ、本専攻で「企業経営と情報」の講義を担当するなど学生の指導に当たられました。

 これまでお世話になり、ありがとうございました。新たな場での一層のご活躍をお祈りします。

異動(着任)

 4月1日付で価値システム専攻に、坂野達郎教授、後藤美香教授、志村近史連携教授が着任されました。

 社会数理講座の坂野教授は、本学社会理工学研究科社会工学専攻准教授からの異動で、ご専門は社会工学、公共システムデザインです。
・坂野達郎教授 (VALDES研究室・教員紹介)

 決定過程論講座に着任された後藤教授は、経済学、組織の効率性評価、エネルギー産業論がご専門です。
・後藤美香教授 (VALDES研究室・教員紹介)
・社会理工学研究科トピック・ニュース「4月1日付 社会理工学研究科に着任された方たち」

 また、野村総合研究所との連携協定に基づき、決定過程論講座に着任された志村連携教授は同研究所で上席研究員を務められており、ご専門は事業戦略、IT戦略、地域経営です。
・志村近史連携教授 (VALDES研究室・教員紹介)
・野村総合研究所

 先生方よろしくお願いいたします。

時間選好と集合行為規範:震災後緊急節電時に人はどんな行動をとったか(4月9日)

【学内関係者限定(学生、教職員、研究員等)】

講師:坂野達郎(東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻教授)

タイトル:時間選好と集合行為規範:震災後緊急節電時に人はどんな行動をとったか

会場:大岡山キャンパス 西9号館 6階 607教室

日時:2014年4月9日(水)17:00〜18:00

概要:
 公共問題の多くは、集合行為ジレンマ状況をどう克服するかという共通の問題構造を持っています。社会的ジレンマ状況において、協力行動を誘導するためには、権力を背景にした制度の導入が一つの解決策ですが、現実には、制度的な強制力がない場合においても、一定割合の協力行動が行われます。従来、社会心理学的な立場からジレンマ状況における協力行動の理論的枠組みとしてThe Goal/Expectation仮説、及び自己効力感を要因とする動機づけ理論からのアプローチが知られています。これに加えて、最近では遅延割引率、確率割引率、縁延割引率を協力行動の説明要因として用いている研究が行われています。また、集合公ジレンマをうまく解決される社会は、様々な社会規範を共有しています。今回のフォーラムでは、3.11東日本大震災の際に実施された緊急節電対応への協力を題材にして、人はなぜ、集合公状況で自発的に協力するのか考えて見たいと思います。

講演者プロフィール:
東京工業大学社会工学科卒、同大学院システム科学専攻博士課程修了。ペンシルバニア大学ウォートンスクールに留学。社会工学科で助手、日本社会事業大学助教授、ニューヨーク大学ワグナー公共サービススクール客員研究員を経て、現職。日本計画行政学会論文賞、社会情報学会優秀論文賞。
・最近の研究テーマ:
公共システムデザインの理論研究とその応用に、集合行為問題解決の視点から、取り組んでいる。最近の中心テーマは、討議民主主議手法、特に討議型世論調査手法の社会実験、ニューパブリック・マネジメントの地方自治体組織改革への応用、自己組織的集合行為理論にもとづく地域ガバナンスに関する研究等。 

★★大学院チャレンジ塾★★

VALDES(東京工業大学大学院・社会理工学研究科・価値システム専攻)主催

大学院チャレンジ塾

  研究計画書はこう書くと魅力アップ
  口頭発表はこうやると説得力アップ
  大学院の教員が丁寧にポイント指導
  研究力をアップして大学院に行こう

どなたも歓迎!! 無料です!!

・東京工業大学の学生 で な く て も 参加できます。

・東京工業大学を志望 し な く て も 参加できます。

A「研究計画書」書き方コース
B「口頭発表」やり方コース


どちらにも参加できます。いずれかでもかまいません。
スケジュールを調整して、さあ、大岡山においでください。

申込方法:
開催日の4日前までに、「ご氏名」・「ご所属・学年」・「ご希望のコース」・「ご希望の日程」を、 大学院チャレンジ塾事務局 jukuvaldes@gmail.com 宛にお送りください。

大学院チャレンジ塾


A 「研究計画書」書き方コース

  「研究計画書」は、何をどう書けばいいのか
  いちばん伝えなければいけないことはなにか
  審査のポイントは、なにとなにか


  大学院・価値システムの教員が、皆さんにアドバイスします。
  グループで行ないますので、互いの改善点を参考にしてください。

5月28日(水)18:00~ 場所:西9号館E棟6階607号室
 
(研究計画書(案)を用意して、おいでください。)

★メイルで開催日の4日前までに、申込みしてください。最少催行人員に達すれば、開催します。(事前申込みなしでも参加できますが、開催されない場合に連絡ができません。)


大学院チャレンジ塾

B 「口頭発表」やり方コース

 「口頭発表」で気をつけるところはどこか
 どんなハンドアウトを配ればいいのか
 パワーポイントの活用術、魅力的なプレゼンとは


 大学院・価値システムの教員が、皆さんにアドバイスします。
 グループで行ないますので、互いの改善点を参考にしてください。

6月11日(水)18:00~ 場所:西9号館W棟2階203号室【教室変更になりました】

(パワーポイントを用意して、おいでください。)

★メイルで開催日の4日前までに、申込みしてください。最少催行人員に達すれば、開催します。(事前申込みなしでも参加できますが、開催されない場合に連絡ができません。)

★★価値システム専攻入試説明会(4月23日)★★

価値システム専攻は、2014年4月23日(水)に専攻入試説明会を行います。本専攻(大学院修士課程・博士後期課程)に関心をお持ちの方、入学を考えておられる方は、どうぞお気軽にご参加下さい。当日は、専攻の説明のほか、オープンルーム(西9号館8、9階の研究室公開)も予定されています。

日時:2014年4月23日 (水) 14:00~
場所:東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館E棟6階 研究科共通ゼミ室607号室

スケジュール:
・14:00~ 価値システム専攻の紹介
      ・カリキュラムの特徴
      ・入試の説明

・オープンルーム(詳細は下記ページをご確認ください)

【詳細情報】
・入試説明会およびOpen Roomについて

★入試説明会のご案内(印刷用PDFファイル)

 1  |  2  | All pages