「文系科目・総合科目」案内ページ開設

 東工大文系科目・総合科目の案内ページが4月より設置されました。VALDESの教員が担当する、学部向け「文系科目」「総合科目」の履修情報、科目一覧などは、こちらをご覧ください。

・文系科目・総合科目案内 

社会理工学研究科講演会「Public Spirit(公共心):東工大に期待される社会的役割とは?」(5月23日)」

 社会理工学研究科では、東工大ホームカミングデイにて下記の講演会を予定しています。どうぞお気軽にご参加ください。

講演会「Public Spirit(公共心):東工大に期待される社会的役割とは?」

 東工大の人材が、社会のあらゆるところで求められています。「公共」に関わるキャリアを選んだOB・OG達は、東工大出身者としてどう課題に立ち向かっているか。その経験から、「東工大に期待される社会的役割」を考えます。


日時: 2015年5月23日(土) 10:00~12:30

会場: 西9号館2階 ディジタル多目的ホール

講演: 佐藤直良(元国土交通事務次官)
    田中秀明(明治大学ガバナンス研究科教授)

    勝屋信昭、豊田光世、浅井勇磨、谷口尚子


主催: 東京工業大学大学院社会理工学研究科

・来聴歓迎(学内・学外を問わず)
・東工大ホームカミングデイの他のイベントについては、公式ページをご覧ください。
http://www.titech.ac.jp/alumni/hcd/2015_ookayama.html

publicspirit2015.jpg
・リーフレット(PDF)

リベラルアーツ研究教育院講演会「新たなリベラルアーツが動き出す」(5月23日)

 東京工業大学では、2016年度の全学的なカリキュラム・組織改革の一環として、リベラルアーツ研究教育院(ILA: Institute of Liberal Arts)の発足が予定されています。この新たな組織の始動に向け、東工大ホームカミングデイにて講演会が開催されます。現在VALDESで教鞭を執る、猪原健弘教授、伊藤亜紗准教授、梶雅範教授、山元啓史准教授の講演もあります。どうぞお気軽にご参加ください。

講演会「新たなリベラルアーツが動き出す」

日時: 2015年5月23日(土) 14:00~16:00

会場: 西9号館2階 コラボレーションルーム

タイムテーブル:
14:00-14:20 梶雅範「東工大の過去・現在・未来」
14:20-14:40 山崎太郎「楽劇《ニーベルングの指環》のコスモロジー」
14:40-15:00 山元啓史「留学生は日本語をどう考えているか」
15:00-15:20 林直亨「健康常識のウソ・ホント」
15:20-15:40 猪原健弘「『賢者の贈り物』の意思決定」
15:40-16:00 伊藤亜紗「東工大でアートを教えて分かったリベラルアーツの必要性」

主催: リベラルアーツ研究教育院ワーキンググループ

・来聴歓迎(学内・学外を問わず)
・東工大ホームカミングデイの他のイベントについては、公式ページをご覧ください。
http://www.titech.ac.jp/alumni/hcd/2015_ookayama.html

★★価値システム専攻入試説明会(4月22日)★★

 価値システム専攻は、2015年4月22日(水)14時より専攻入試説明会を開催します。カリキュラムの紹介や入試情報、各研究室の紹介などがあります。平成28年4月および平成27年10月入学の大学院修士課程入学をお考えの方は、ぜひお越しください。過去の入試問題(英語)なども配布しております。部分参加でも結構です。

 また,入試説明会の後には大学院チャレンジ塾や、各研究室のオープンルームもあります。こちらもご希望の方は、あわせてご参加ください。

価値システム専攻入試説明会
日時:2015年4月22日(水)14時〜
場所:西9号館W棟2階 価値システム専攻ゼミ室203号室

【詳細情報】
・入試説明会およびOpen Roomについて(今後の入試説明会開催日程も、こちら)

・価値システム専攻 入試説明会のご案内(PDF)

・価値システム専攻主催 大学院チャレンジ塾

いかに院生生活を過ごすべきか? ふりむけば、論文ができていた!(4月8日)

講師: 山元 啓史(東京工業大学留学生センター 准教授)

タイトル: いかに院生生活を過ごすべきか? ふりむけば、論文ができていた!

会場: 西9号館2階コラボレーションルーム

日時: 2015年4月8日(水)17:00~18:00

概要:
 本当は「論文執筆方法論」というまじめなタイトルで、論文の書き方をご説明すべきところです。しかし、形式的にどうのこうのと説明したところで、執筆術など身につくわけないのです。そもそも「方法論」なるもの、読んだり聞いたりする暇があったら、実際にペンを執って書き始めたほうがよいのです。な・の・で、本講演では、より実践的に「どのように院生生活を過ごすと論文ができあがっているか」についてお話ししたいと思います。

講師について:
 東京工業大学留学生センター准教授、2014年度より価値システム専攻併任。筑波大学
留学生センター講師、オーストラリア国立大学大学院客員研究員、カルフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員を経て、2009年より現職。最近の著書にJapanese: A Comprehensive Grammar(2nd ed.), New York: Routledge, 2013(共著)、「目で見てわかる歌ことば」『日本語学』33-14、2014などがある。

・山元啓史 准教授(VALDES 研究室・教員紹介)

*本フォーラムは、学内の方(学生、教職員、研究員など)であれば、どなたでもご参加いただけます。